ビーファットと置換えダイエットと置換えリバウンド

体脂肪が蓄積された肥満の状態になると、心臓や膝、腰に負担がかかったり、生活習慣病のリスクや女性なら子宮がんや不妊症などにもなってしまう可能性があります。
そんな人に使用される薬が肥満治療薬です。ビーファットはダイエット医薬品ゼルニカのジェネリック医薬品で、ゼルニカと同じ成分の薬品になります。ビーファットは、食事の脂肪分の吸収を約30%カットする薬で、成分はそのまま体外に排出されるため安全性が高い肥満治療薬だとされています。ビーファットはダイエット効果だけではなく、高血圧や高コレステロール、高血糖といった病気も改善する効果も認められています。
効果的な薬ですが、別の方法でダイエットを行いたいと言う場合にお手軽なのが置き換えダイエットです。これは三食のうち1~2食をダイエット食品に変えるというダイエット方法で、お手軽に日常に取り入れることができるため、肥満の人や女性に人気のダイエット方法です。
お手軽で簡単に行うことのできるダイエット方法ですが、置き換えリバウンドと言うダイエットに付き物のリバウンドもあります。置き換えダイエットは満腹感の少ない方法のため、空腹の状態ができてしまいます。そのため食べたくても食べられないという精神的なストレスが置き換えリバウンドとなってしまうのです。置き換えリバウンドを防ぐためには、置き換えた食事を満足のいくものにする、間食をする場合にはおからや寒天などを使いながらストレスを発散するなどの工夫が必要となります。
また、置き換えるにしても食事のバランスを考えて、同時に適度な運動を行うことによって脂肪を燃焼しやすい体になり、水分を補給をしっかり行うことで脂肪が排出されます。