病の原因はあなたの生活の仕方にあるかも

病の原因にはいろいろなものがありますが、特に生活習慣病は、運動習慣や食生活、喫煙、飲酒の状況、ストレスなど、その人の生活内容に原因がある場合がほとんどです。

その中でも食生活は特に重要で、栄養バランスが極端に偏っていたり、食事の時間が不規則だったりすると、病気を発症する確率が高くなります。
具体的には、塩分を過剰に摂りすぎると高血圧を誘発したり、脂肪分を摂りすぎると高脂血症や肥満を招いたりします。
また、運動習慣がないと代謝が悪くなり、肥満から起こるさまざまな病気にかかりやすくなりますし、喫煙や飲酒はがんなどのリスクが高くなります。
そのほかにも、いやな人間関係や仕事などによって受けるストレスが蓄積されると、さまざまな病気にかかる可能性が高まるという研究結果も出ています。

こうした病気を防ぐには、乱れた生活習慣を整え、健康診断を定期的に受けて健康状態をチェッし、問題が発覚した場合は、医師の指示に従って生活習慣を改善させることが大切です。
人は年齢を重ねることによって老化を止めることはできませんが、生活習慣を改善し、健康に気をつけた生活をこころがければ、がん、糖尿病、高血圧などといった生活習慣病を防ぐことが可能となります。